サイレントマジョリティーを救う会

趣味を活字に起こす作業。https://twitter.com/zero_1234567 が著者です。

ダクソ3をイルシールの谷中盤まで触った感想

やぁ。

普段YouTubeでゲームのプレイ動画を垂れ流しております。正確には実況か?

www.youtube.com

 

というわけで、ダクソ3のファイヤーズエディション(DLCとか全部入ってる完全版みたいなやつ)をやっておりまする。

www.youtube.com

 

買ったけどソウルシリーズって「どうせ難しいし暗いんでしょ?最初始めるのがハードル高いわー」ってなるんすよ。

 

でも始めちゃうとクソ面白くて笑いますわ。

 

すっげーいらいらするけどすっげー楽しいのよね。

 

マップの敵の配置とか、ものすごい殺意を感じるし、なんなら「文化祭のお化け屋敷かな?」って感じでかっこいい敵が角で出待ちとかしてるから一周してギャグゲーに見えたりもする。

 

ボスの動きも、まぁ確かに難しいんだけど、攻撃の回数とかセーブしたり(攻撃連打しないで数発に抑えるとか)、自分から仕掛けるより相手の行動にリアクション気味に動いたりすればそこまで「詰んだわ~」みたいなことにはならないから小気味いい。

 

実際経験値稼ぎもしてないけど、ボスへの与ダメはそこまで低くない。

 

パターンとネタさえ明かしてしまえばむしろ爽快感すらある。

 

武器もいわゆるRPGの「序盤で苦労して手に入れた武器より後半の店に売ってる武器のほうが強い」年功序列制度がない分、好きな武器を強化して最後まで行けるのは中々いいシステムだなぁと思ったりした。

 

あとブラボは単純にこえ~って感じだけど、ダクソはいい感じにファンタジー感がありましたね。

ブラボはミステリー、ダクソはファンタジー的な。