アンドウの日記。

趣味を活字に起こす作業。

金がすべて!みたいな闇金ウシジマくん読みすぎ系若者乙

MOS,Excelの勉強

今日はExcelMOSを詰めた。

こういう資格の勉強って初めてだから、いろはが分かるまで、「問題演習(てか過去問)→間違ったところチェック」ッて感じでやってます。

大筋はそのやり方で、その中で細部のやり方については随時変えていくって感じで。

そもそもMOSとは?

そもそもMOSっていうのはMicroOfficeSpecialistっていう資格のことを指します。

まぁスペシャリストっていってるだけで、「Word、ExcelPowerPointといったソフトの基本的な操作ができる人」のことです。

 

試験があって、それ受けて合格だったら、その資格をもらえます。

別にスペシャリストになりたいわけじゃないんだけどね。

 

事務で使うかなーって感じで取ろうかなって思ってます。事務スキルはないよりあった方がいいし、なにより「自分の事務スキルが遅い」という理由で残業したくない。

残業して残業代を狙うっていう選択肢もあるけど、それは後々考えればいい話で、最初っからそんな情けない考え方をするクソ社会人にはなりたくないなぁと。

経験か金か

残業してもらえるお代(残業代でない方は申し訳ない)と、昇進による給与の増加分、おそらく最初のほうがは前者のほうが絶対額は高いんだろうけど、そういったものは度外視します。

なぜかというと、金額は金利分(資産運用はしない前提)しか増えないが、経験は指数関数的に伸びるから。

 

20代で1000万稼ぐ!とか普通に凄いと思うよ。けど別にさ、20代で稼ぐ1000万と50代で稼ぐ1000万、なんか違うの?違いなくね?

そりゃ金利とか物価水準とか考えたら違いは出るだろうけど。

 

存在がレアってだけで別に額的には何の代わりもない。

同世代の中で珍しい→だから優越感に浸れる→同性に自慢できるor女を抱ける

とかって理由で稼ぎたいならそれはモテたり威張るのが目的で、金を稼ぐのが手段だから全然いいと思う。

 

対して経験は、失敗も成功も、何かしら経験として蓄えておけば、次同じようなシチュエーションが来た時に対処できる。

同じシチュエーション(厳密に全く同じなどというのはありえないが)が来る確率というのは残りの寿命が長ければ長いほど高くなる。

 

つまり早いうちにいろいろな経験を積んでおくほうが後々の効用が高いということ。

というわけでお金という客観的な額面にだまされないような大人になりたいなぁと思うこの頃。

金が手段なら間違ってない

それにお金って手段でしょ?

もともとは物々交換から始まって、でも物じゃ次第に腐っちゃうものとか出てきたり、細かい価値の尺度がないから困ってた。

だからお金っていう存在、いや概念が出てきたわけ。

 

お金っていうのは人間の生活をより便利にするための「手段」であって、それは目的ではない。

手段を目的化して、幸せそうな人はあまり見たことがない。

 

まぁ別にそれでも幸せだよって人は勝手にすればいいが、私の人生では不採用。これからのご活躍をお祈り申し上げる心境だ(笑)

 

実務的な復習

これ以降はただの今日の復習なのでよろしく~

列の幅の自動調整の仕方がわからなかった。A:Bの列の幅を自動調整したいなら、A,Bを選択して、BとCの列の境界線をダブルクリックすれば勝手にしてくれるとのこと。

 

セルの強調表示、これむずかった。

まぁ気づけば簡単だったんだけどね。