目撃者

自身の体験談、目撃談を記していくとかなんとか

思ったことをただひたすらに語る

タイトルのまんまです。

別にこういう記事を書こうと思ってたわけじゃないんですが、ふと思いついたので。

 

「いつでもやめれる状態って最強」

まず最近一番思ったことは、「いつでもやめれる状態というのは最強」ということ。

なんていうかなー。やっぱり、「これ逃したら終わり」って言う状態って、もうどん詰まりだと思うんですよね。

あらゆる可能性がもうないじゃないですか。

 

精神的にも追い詰められるわけだし。まぁこれがラストチャンスだって言う気持ちで臨むからこそ本気になれるんだっていう意見もあるかもしれないですけど。

でもそういう感情論じゃなくて、あくまで取れる選択肢の多さとか、可能性という意味では、あまり好ましくない状況だと思うんですよね。

 

最近僕、ある交渉事をしたんですね。

そんときも、価格の交渉をしたんですけど、その時話している業者とは違う同業者の会社にも、複数見積りを用意してもらっていて、それを比較して価格交渉をしたんですよ。

 

そしたら値段が10万以上減りました。

信じられますか?10万ですよ。PS4二台分です。安い株式なら買えます。

逆に最初からどれだけぼったくろうと考えてたってことですよね。

もちろん会社はボランティアではないので、利益を追い求めるのは当たり前です。

利益を出すためには、人件費や、原価などといった、かかる費用より、価格をあげないと利益は出ません。

なので彼らを責めるつもりはありませんが、それでも10万ですよ?

 

そこまで値切れたのも、「俺別に他の業者にいつでもいけるけど?」って言う状態だったからです。

他業者の比較資料なしでは、どれだけ弁がたっても、値切るのには限度があります。正直どこのセクションの費用がどこまで削れるかなんて、素人がわかるはずありませんから。

 

それでなんか思いついたんです。「いつでもほか行けるけど?」っていう状態は最強だなって。

恋愛なんかでもそうですよね。いくらかっこよくても素敵でも、「お前だけが頼りだ、お前がいなかったら俺はもう終わりだ」みたいなトーンで来られたら、メンヘラ女以外は呆れちゃいますよね。引いちゃいますよね。

だからこそいわゆる「駆け引き」ってやつをするんです。押したり引いたり。

 

恋愛も、人間関係も、仕事も、金も、全部そうです。

 

特に仕事。

僕は最近就職活動が終わりました。

ただ、実際問題、自分がついた職業に未来永劫いるのかと問われれば、答えはわかりません。

なんなら「いない」という答えのほうが近い。

 

別に、「この仕事いつでもやめれるよ?」と思うのと、「実際に辞める」ことは全くの別物です。

ここでいう俺の「やめれるよ?」ってことは、あくまで精神的な気持ち。

もっといえば「いつでもやめれるように準備しとけ」って話なんですよね。

 

いつ首切られたって大丈夫なように準備をしておけば、気持ち的にもかなり楽ですよね。実際それでスムーズに転職できればお金にも困らないわけだし。

 

恋愛も、モラルに反するのかもしれないけど、「いつ振られても大丈夫」なようにしておくことは重要なんですよね。

次の女をすでに見つけておくとか。もしくは、スグに熱中できる趣味を見つけておくとか。

そういうこと。

 

 

何も知らないシリーズ童貞がスターウォーズEp.4を見て本気で考察してみる

スターウォーズを見るきっかけ

見ようと思ったきっかけは「ローグ・ワン」と友人からのすすめ、また彼らから聞いた話が大好きなFFに似てたからです。

FFに似てるっていうのは語弊がありますね。

FF1FC版が発売されたのが、1987年12月18日で、スターウォーズEp4の公開年が1977年なので、どっちかっていうとFF側が意識したのもあるんですかね。

大好きなFFに似てた友人からのすすめ

友人からいろいろな話を聞いたとき、感想としては「FFに似てるなぁ」ということでした。

以下はその具体的な例。

帝国と反乱軍

まぁFFといえばこれですよね。この対立構造は外せません。

反乱軍かどうかは作品によって異なりますが、例外を除きFFの原点のフォーマットはこの形。

本筋に絡む熱いサブストーリー

打倒帝国!って言う大きな目的の中に、色んなサブストーリーが絡んでくるらしんですよ。

友人曰く、捉えようによっては「こいつが主人公だ!」といえるキャラクターがたくさんいるとか。

そういう部分は映画、特にシリーズ物の映画作品を見る上で、一番重要視しているところです。

光の戦士感

どうやらスターウォーズ作品に出てくる、重要人物が扱う「フォース」。

この力は誰でも使えるわけじゃないと聞きました。これも選ばれし「光の戦士」感。いいですねぇ

ビッグスとウェッジ

鑑賞後、これが一番ビックリしました。

帝国の要塞を破壊するために、小型戦闘機でガンガン攻撃を展開するシーンが有るんですが、そのパイロットの中に、ビッグスとウェッジという奴らがいるんですよね。

ビッグスとウェッジというのは、FFに歴代出て来るモブキャラの名前です。

もはや伝統行事にすらなってきていますよね。

 

ここもFFとのつながりを感じてしまいました。

まぁFF脳波ココらへんにして以下ざっとした感想から考察っていうか疑問をつらつらと。

ザッとした感想

面白い

一言で言うならこれ。まぁ王道のSFを思い浮かべて、その想像した要素をすべてこなしてくれた印象。

友人から「ダースベイダーはルークの親父だよ」っていう衝撃ネタバレだけはされていたので、ダースベイダーが終盤、ルークに対して「フォースの強いやつだ」というシーンはこうニヤリとできましたね。

陳腐なCGが逆にいい

昔の映像制作現場の工夫が見れる

結構評価とかを見ていると、「CGが陳腐で見れたもんじゃない」とか目にするんですが、俺はそんなに気になりませんでしたね。

むしろ、1977年の映像制作の工夫、試行錯誤が垣間見れて良かったです。明らかに編集点ここだなぁとか、これ糸で垂らしてるだろ?とか。

 

でもそれでも結果的に細かい部分を許して、見れてしまうのはやはりプロ。ここからシリーズを追っていく中で、CG技術や演出技術の高度化を見るのが楽しみでもあります。

考察ってか疑問

こっからは考察ってか疑問。今後シリーズを見ていくなかで、自分なりに疑問を整理していきながら、見ていけたらなぁと思っているので、ブログにまとめときます。

世界設定関連

フォースとは?

フォースは「ジェダイの力の根源。生命体の作り出すエネルギーの場で、銀河全体を覆い、結びつけている」という説明がオビワンからあります。

意外だったのは、フォースとは、「エネルギーの場」だということ。

エネルギーや力そのものではなく、あくまでエネルギーの場で、何かと何かをつなぐ、干渉するようなものだということです。

個人が自分から生み出すエネルギーではなく、あくまで「生命体の作り出すエネルギーの場」にある力を利用するような間接的な力のような言い方でした。

フォースが強いというのは、干渉する力の強さのことなんでしょうかね。

旧共和国とは?

帝国の上層部会議のような場所で、「皇帝が元老院を永久に解散された。旧共和国の残党共は一掃された」と言及があります。

元老院が解散されること」と「旧共和国の残党が一掃されること」に何か関係があるのでしょうか?

また元老院が解散されることで会議の参加者から「行政に影響が出ないか?」という発言が出ています。元老院は行政に何かしらの関係、影響を持つ機関なんでしょう。

その問いに対する答えは「各地の総督が各行政区を直接統治をする。」というものでした。

この「各地」が帝国の所有している惑星のことを指すのか、要塞内の各地を指すのかわからないですが、行政機構はわりとしっかり整備されているようですね。

オルデラーンとは?
クローン大戦とは?

オビワンが主人公ルークと出会い、ルークの父の話をする際に、クローン大戦なる単語が出てきます。

オビワンは自分もルークの父もジェダイと呼ばれるフォースを扱う戦士であり、故郷を捨て戦ったと。

クローン大戦という言葉は、ルークの口から出ており、何も事情を知らないルークですら知っていることから、大きな戦争だったのでしょう。

 

スター・ウォーズのEp1.2.3はEp4以前の話を描いているらしいので、クローン大戦についても言及がありそうってかその戦争を軸に話が進みそう。

R2D2はなぜ意思をもっているの?

これは単純な疑問(笑)

この世界のR2やC3POなどは、人間をサポートする機械設備と言った存在に見えました。

終盤のシーンで、反乱軍の小型戦闘機にも接続されていましたし、どんなデバイスにも接続が可能な、CPUのようなものでしょうかね。

そんな彼らも、新しい飼い主のルークにデータを「意図して」見せなかったりしています。

機械とは言え、見せる見せないのアクションを独断で行えるというのは、技術が発展しているようでしていないようにも見えますよね…(笑)

C3POは礼儀作法や通訳、式典用とルークの育ての父に言われていることから、同じ機械設備でも用途が少し違うのでしょう。

赤いゴブリン族みたいなのはなんだったのか?

惑星に流れ着いたR2とC3POを盗み、不法販売しているような部族。茶色いフードをかぶった赤い目の種族。

サンドピープルとか言ったかな?

およそ人間には見えなかったが、動物か機会なのか?

あらゆる種族が多様に生きているのはいかにも海外のSFという感じ。日本のファンタジーやSFはあまり多様な種族が出てこないことが多い。

動物や機械でも金を稼がないと生きていけないというのは、アタリマエのことなのだけれど少し悲しく感じる。

元老院とは?

多くの場面で言及のある単語だが、共和国を支持し、今は帝国の行政にも多少影響がある機関なのではないかと思われる。

ジェダイはなぜ滅ぼされたことになっている?

これも帝国上層部の会議での発言。

ダースベイダーだけはオビワンはまだ生きているといっていましたが、これはフォースによって存在の認知でもできるんでしょうか?

オビワン関連

オビワンとレイア姫の関係は?

レイア姫が設計図をR2に託し、逃しました。そのR2に託した映像の中には、レイア姫からオビワンに対するSOSのメッセージがありました。

オビワンはルークの父、ダースベイダーのかつての師であり、ここも何かしらの関係性がありそうです。

なぜオビワンは名前を偽っているのか?

オビワンは、ルークにその名を指摘されるまで名を隠していました。

先の大戦でジェダイが殲滅させられたということを前提にすれば、身を隠していたというのが正しい理由でしょうか。

オビワンは帝国になぜ死んだと思われている?

帝国側の会議ではオビワンは死んでいると言われています。

オビワンの死、つまりジェダイの死が先の大戦に絡んでいるのだとすれば、クローン大戦のプレイヤーの一角には帝国が絡んでいそう。

オビワンはルーク一行を見て、笑みを浮かべ姿を消した?

オビワンはルーク一行と帝国要塞に潜入、オビワンは一人はぐれ、ダースベイダーと戦闘を繰り広げます。

しかし、そこにレイア姫を救出したルーク一行が現れたとき、横目で彼らを見て、笑みを浮かべ消えました。

あれが死の描写には見えませんでしたし、消えたのでしょう。だとするとなぜ消えたのか?

オビワンの一連行動の動機には、レイア姫の救出があった。だからルークたちがレイア姫を救出したことで、すでに目的を遂げたとして消えたのか?

だとしたら、フォースの力を持ってすれば瞬間移動が可能なのか?

反乱軍関連

なぜ反乱軍は元老院の支持を得ている?

これも現時点ではさっぱり意味不明。

現行では帝国よりかと思うような情報が多かったけど、もしかしたら帝国の人質のような感じなのか?

レイア姫関連 

レイア姫はなぜ設計図をもっていたのか?

友人の話いわく、「ローグワン」はEp.3~4前の間の話を描いているらしいのでこれらについてもしれそうな気がします。

そもそもレイア姫はなぜ帝国の戦艦に乗っていたのか?

これも謎ですね。この戦艦には外交使節団も来ているとの情報も作中にありました。

帝国関連

皇帝とは?

何度も出てきた単語ですがこれについても皇帝の存在には結局描写はなくこれもおあずけかな-と。

ダースベイダー関連

ダースベイダーはそこまで帝国の中で立場が高くない?

帝国の会議で、幹部のような男が帝国の要塞の万能さ、恐怖による行政支配の必要性を説く中で、ダースベイダーは「技術により築かれた恐怖を過信するな。惑星をも破壊する力もフォースの力にはかなわない」と言い放ちます。

するとその男から「魔術の類には騙されない。設計図の一つも奪い返せないくせに」と悪態をつかれるんだけど、あんまダースベイダー立場高くないのかなぁ…とか思っちゃいました(笑)

ダースベイダーと息子が離れ離れだった理由は?

ダースベイダー、ルークの実父は、オビワンの説明から、「故郷を捨て戦った」「また突如裏切り、ジェダイたちを殺した」ということが判明している。

故郷で子を身ごもってはいたものの、戦地に赴くために故郷を離れ、そのまま戻ることはなかった、という流れですかね。

そうするとルークの実母も気になります。

 

金がすべて!みたいな闇金ウシジマくん読みすぎ系若者乙

MOS,Excelの勉強

今日はExcelMOSを詰めた。

こういう資格の勉強って初めてだから、いろはが分かるまで、「問題演習(てか過去問)→間違ったところチェック」ッて感じでやってます。

大筋はそのやり方で、その中で細部のやり方については随時変えていくって感じで。

そもそもMOSとは?

そもそもMOSっていうのはMicroOfficeSpecialistっていう資格のことを指します。

まぁスペシャリストっていってるだけで、「Word、ExcelPowerPointといったソフトの基本的な操作ができる人」のことです。

 

試験があって、それ受けて合格だったら、その資格をもらえます。

別にスペシャリストになりたいわけじゃないんだけどね。

 

事務で使うかなーって感じで取ろうかなって思ってます。事務スキルはないよりあった方がいいし、なにより「自分の事務スキルが遅い」という理由で残業したくない。

残業して残業代を狙うっていう選択肢もあるけど、それは後々考えればいい話で、最初っからそんな情けない考え方をするクソ社会人にはなりたくないなぁと。

経験か金か

残業してもらえるお代(残業代でない方は申し訳ない)と、昇進による給与の増加分、おそらく最初のほうがは前者のほうが絶対額は高いんだろうけど、そういったものは度外視します。

なぜかというと、金額は金利分(資産運用はしない前提)しか増えないが、経験は指数関数的に伸びるから。

 

20代で1000万稼ぐ!とか普通に凄いと思うよ。けど別にさ、20代で稼ぐ1000万と50代で稼ぐ1000万、なんか違うの?違いなくね?

そりゃ金利とか物価水準とか考えたら違いは出るだろうけど。

 

存在がレアってだけで別に額的には何の代わりもない。

同世代の中で珍しい→だから優越感に浸れる→同性に自慢できるor女を抱ける

とかって理由で稼ぎたいならそれはモテたり威張るのが目的で、金を稼ぐのが手段だから全然いいと思う。

 

対して経験は、失敗も成功も、何かしら経験として蓄えておけば、次同じようなシチュエーションが来た時に対処できる。

同じシチュエーション(厳密に全く同じなどというのはありえないが)が来る確率というのは残りの寿命が長ければ長いほど高くなる。

 

つまり早いうちにいろいろな経験を積んでおくほうが後々の効用が高いということ。

というわけでお金という客観的な額面にだまされないような大人になりたいなぁと思うこの頃。

金が手段なら間違ってない

それにお金って手段でしょ?

もともとは物々交換から始まって、でも物じゃ次第に腐っちゃうものとか出てきたり、細かい価値の尺度がないから困ってた。

だからお金っていう存在、いや概念が出てきたわけ。

 

お金っていうのは人間の生活をより便利にするための「手段」であって、それは目的ではない。

手段を目的化して、幸せそうな人はあまり見たことがない。

 

まぁ別にそれでも幸せだよって人は勝手にすればいいが、私の人生では不採用。これからのご活躍をお祈り申し上げる心境だ(笑)

 

実務的な復習

これ以降はただの今日の復習なのでよろしく~

列の幅の自動調整の仕方がわからなかった。A:Bの列の幅を自動調整したいなら、A,Bを選択して、BとCの列の境界線をダブルクリックすれば勝手にしてくれるとのこと。

 

セルの強調表示、これむずかった。

まぁ気づけば簡単だったんだけどね。

イライラは問題解決のチャンス

  • 目的ってなきゃダメ
  • 負の感情は、目的発掘のキッカケ
  • ネガティブな感情はガソリンにもなる
  • 目的の作り方は二種類ある
  • 結論 

目的ってなきゃダメ

続きを読む

【ネタバレ全開】FF信者によるFF15の違和感と感想書いてみた【思い出総決算】

続きを読む

経験知と形式知

  • 今回は経験知と形式知について書きたい

ふと思い立ったので書きたいと思います。

まぁいつも通りくだらない日記になりそうなのでご了承ください。

  • そもそも経験知とは?形式知とは?

経験したことで得た知識。特に作業現場で培われた、勘や感覚などとして体得された知識逆に文章数値として表現伝達できる形式知識形式知という。

らしいです。(weblio辞書引用)

実際に体験してみた結果、得た経験に基づく知識と、

 

本の読み書きで知った客観的に通じうる知識ってことですよね。

  • 自分ひとりの人生なら経験知の方が重要

この経験知と形式知

どっちが重要なんだというと甲乙つけがたいんですよね。

ただ、ケースによっては優劣は変わってくるとは思います。

 

まずタイトル通り、自分ひとりの人生だとしたら、経験知の方が重要だと思います。

自分ひとりの人生、人生は自分の物、自分の存在しない世界なんて価値がない、なーんていう主観的・個人的な生き方だと、やっぱりスキルアップだったり、

要は「役に立つ知識」しかいらないんですよね。

はっきり言って、金を稼いで、寝床と飯を着るものを用意する為の、経験や知識が必要なわけで。

 

何時の時代の人間が見ても、理解して、実践しうる客観的な形式知なんていらないわけですよ。

その証明といえますけど、高校を卒業して、すぐ工事現場などで働いていらっしゃる方はたくさんいますけど、はっきり言って、学校で習ったことをうだうだこねくり回す必要ないですからね。

 

現場でどんなふうに一日が始まって、この工程はこういう風に進んで、次の日はこうなって、ミスした時の始末書の書き方を覚えて、発注のやり方を覚えて…って現場で覚えれば事足りるわけですよ。

 

それは大学で学んだことを全く生かすことのない新卒大学生にも言えます。

文学部なのに保険の営業に就職しました!とか、別に悪いことじゃないですし、その人の強要になったんだろうからいいんでしょうけど、はっきり言って大学で学んだ形式知なんてまるで働くことに生かされてないですからね。

 

つまり「今を生きる実用性」という意味では圧倒的に経験知の方が優れているといえそう

  • 人類の発展という客観的な立場なら形式知の方が重要

一方形式知

確かに先ほど言った通り、経験知は実用的な意味では個人個人にとって求められるものだし、あればあるほど実際の社会人の現場で活躍することができるとは思うけど、

形式知だって大事。

 

人間が子供を産まず働いて死ぬだけならいいけど、やっぱりどの時代の人でも理解できて、客観的に同じような工程を再現するための材料としてね、後世に文明や思想や技術を伝えるっていう部分においてはかなり形式知も重要なんじゃないかなとか思います。

 

人類の発展っていう大それたテーマで言えば欠かせないものですよね。

 

こういう「経験知は大事なんだぞ!」っていうメッセージも、人から見たら形式知なわけですし。

やっぱり物事の基本とか根底にあるのは形式知の方だとは思います

真の個性とは変化進化に寛容な人

対してカッコ良くもない顔のくせに無駄に群れていきってるやつ。

対してかわいくもないのに無駄に集団ででかい声出して文句が過ぎる女。

たくさんいるけどやつらに共通しているのは、
一人で過ごす強さがないから。

ただただ純粋に弱いから。

自分に自信がないから、その環境で必死に自分の弱さを補完してくれる人間を探す。
見つけたら群れて、自分の居場所を得たように安堵を得て、言いたいことを言って、
いわゆる’’個性(笑)’’ってやつを手に入れる。

別に群れることが悪いとか言ってるわけじゃない。
ただ常日頃ずっと人に群れて、何かにつけて集団に頼るやつっていうのは、おそらくそいつ一人じゃなにもできない腑抜けが多いっていうだけ。

別に人生がずっと同じ環境で流れていくならそれでいいと思う。
むしろその条件ならいち早く強い仲間を見つけてグループを作った方が有利だろう。

しかし実際の現実はどうだって話になると、そうはいかない。

小学校から中学校、中学校から高校、大学、社会人、異動、出世、退職、解雇…

自分の存在する環境っていうのは常日頃変わっていく。
今、’’俺の毎日は全然変わってない’’っていうやつも気づいてないだけで、変わっていってるはず。

たとえば父親母親のすねをかじって生きてるニート
ずっと同じ毎日が続くと思ってるかもしれないが、
いずれ両親は病に侵され、死に、頼るあてと頼る金がない状態でニートのまま社会に放り出されることになる。

気づくか気づかないってだけで、環境は常に変わり続けてる。

だから、環境が変わった時に、その環境に対応できるように常に自分に問いかけて己を磨いていかないといけないわけだ。
もしくは新しい環境に投げ出された時に、
不用意なプライドを捨てて、その環境に順応しようと最大限努力をしなければいけないわけだ。

こういうことを言うと、すぐ真面目だの意識高いだのとからかわれることも多いが、
実際はそれが真理だ。

面白い話があって、なぜ人間は両親の半分ずつを掛け合わせた’’要は自分とちょっと変わった’’ 子供を作るのだろうか?

効率だけ考えたら自分と全く同じ存在を無性生殖でどんどん生み出していった方が良い。

しかし人間は自身とは異なる性質を持つ人間を産む。(半分は性交相手の染色体が子供に遺伝するため)

その狙いは、異質な存在を発生させることで多様性を展開し、環境が変わっても人間という種が絶滅しないようにするためらしい。

つまり、いっぱいいろんな奴がいれば、どんな環境になったって、誰かくらいは生き残るだろうっていうことね。

ちょっと強い言い方をすると、肌の色や目の色、価値観考え方が違うのは、自分とは違う人間が死んでも自分が生き残るようにするためだと言える。

黄色人種が死んでも白人が、白人が死んでも黒人が、となれば人間という種が滅びないということだ。

つまり、進化過程において細胞レベルですら、’’変化し続ける環境に適応しよう’’としているのに、
髪を赤く染め、SNSで自撮りしながら仮初めの個性をひけらかしてる場合ではない。

真に個性的な人とは、’’自分の持つ個性は◯◯だ’’と限定しない人のことだと思う。
つまり進化(変化)し続けることに寛容である人のこと。

「私はこういう人間だから(キリッ」なんて言ってる奴は、
なんかのテレビで見た、かっこいい人憧れてる人に身なりとか言動を寄せて、自分にその人を投影しているだけのただのオナニー野郎。

自分の中の変化を疑わないことこそが、人生を生きる上での強さになる。
’’今付き合ってる長年の信頼できる恋人と明日別れる’’かもしれない可能性、
’’毎日一緒に過ごしている犬が明日死ぬかもしれない’’可能性
そういった急激な変化に対して精神的な準備ができている奴こそが、最初の一歩を踏み出すのが早いだろう。

徹底的な自己肯定と自己否定。

現状の自分を徹底的に穿った見方で批判し否定し続けることが重要。

だがそれだけやっていると精神的に不安定になり自我を保てないどころか自殺するような奴も出てくるので、自己肯定も重要だろう。
’’まぁこんなもんだよな。よくやってるほうだよな’’っていう心構えはもっていて良いものだと思う。

自己肯定と自己否定の繰り返し。
そのように生きていきたいし、その様に生きることこそが、人として健全に主体的に生きる人間の最低限の条件だと思う。